公益社団法人 豊島区医師会

豊島区医師会について

ごあいさつ
豊島区医師会会長画像
豊島区医師会会長
髙橋 清輝

平成29年6月24日の定時総会にて公益社団法人豊島区医師会会長に選任されました髙橋清輝と申します。
平成18年より当法人の理事、副会長を務めて参りましたが、今後さらに豊島区における地域包括ケアシステムの醸成に力を注ぎ、豊島区に住む人々、豊島区で学び、働く人々の健康そして幸福のために、少しでもお役に立てるよう尽力する覚悟でございます。
豊島区医師会では下記事業の他に、区民の皆様の健康管理に寄与できるよう、認知症、糖尿病をはじめとする区民公開講座やウォークラリーなども開催していますので、是非ご参加ください。

地域住民健診・がん検診

豊島区民を対象に各医療機関が中心となって豊島健康診査センターを利用して、各種の健康診査とがん検診を行っています。

予防接種、学校医健診

乳幼児健診、予防接種事業や、園児、小学校の児童、中学校・高等学校の生徒の健康管理のため、園医・学校医を派遣し、健診及び保健指導を行っています。

救急医療、休日診療

豊島区は東京でも1,2の出動回数を誇る池袋、豊島救急隊があり、大学病院や都立病院等と連携を取りながら救急医療を行っています。 また、池袋・長崎の休日診療所において土曜準夜、休日の診療を行っています。

介護保険活動

医師会に訪問看護ステーションを設置し、在籍する看護師が100人以上の患者さんの訪問看護を行っています。 また医師会館内に平成18年4月より豊島区医師会高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)を開設し、総合相談、支援、ケアプラン作成の相談を行っています。 介護認定審査会に延べ40名の医師を選出しています。

産業医活動

従業員50名以上の事業所に産業医をご紹介しています。また、豊島区のイベント等で健康相談活動を行っています。

かかりつけ医推進事業、在宅難病訪問診療事業

かかりつけ医のいない方や往診を希望する方に、対応できる医療機関を紹介しています。 また、在宅で寝たきりの難病患者の方、専門医による定期的な訪問診療を行っています。

健康スポーツ医活動

池袋スポーツセンターを中心に区民の健康増進を目的に運動相談を土曜日に行っています。

以上のように、乳幼児から高齢者まで、生活習慣病改善事業から高度医療まで、医療の安全と質の保証を提供するために、幅広い活動を行っています。

豊島区医師会広報(活動報告)につきましては、豊島区医師会にてご閲覧できます。