公益社団法人 豊島区医師会

在宅医療

豊島区医師会では区民の皆様が在宅でも安心して過ごすことができる様、在宅医療への取り組みを積極的に行っております。また、豊島区の行政や歯科医師会、薬剤師会、その他の在宅医療に関わる多職種と共に連携体制を作り、より良い在宅医療を提供できるように心がけております。

在宅診療可能な医療機関

豊島区医師会で在宅診療が可能な医療機関についてお知らせいたします。 在宅医療には定期的な訪問により診療を行う「訪問診療」と、急変時に患家の求めに応じて 一時的に行う「往診」があります。医療機関によって提供できる体制が異なっておりますので 詳しくは在宅医療相談窓口にお問い合わせください。

豊島区在宅医療相談窓口

豊島区医師会館に、専門の相談員「医療ソーシャルワーカー」が常駐しております。在宅療養相談や退院支援など在宅医療に関わる様々な相談をすることができますので、困りごとがありましたらご連絡ください。

訪問看護ステーション

豊島区医師会では訪問看護ステーションを運営しています。「住み慣れたこの街で暮らしたい」そんな願いを私たちがサポートいたします。当ステーションでは、介護を必要とする方が住み慣れたご自宅で安心して在宅介護を受けられるよう、主治医やケアマネジャーと連携をとりながら一人ひとりに合わせた看護サービスを提供しております。

豊島区医師会多職種連携ネットワーク

豊島区医師会では専用のネットワークシステムを用いた「多職種連携ネットワーク」を構築しております。在宅医療に関わる多職種が速やかで正確な情報共有を行うことで、在宅医療の質を高めています。

→多職種連携ネットワーク紹介ビデオ(約20分)(別ウインドウで開きます)

在宅難病患者訪問診療支援事業

寝たきり等で通院が困難な難病患者さんに対し、専門医と在宅医を中心としたチームで訪問診療や定期的なカンファレンスを行っています。詳しくは豊島区在宅医療相談窓口にご連絡ください。

在宅療養研修事業

地域において在宅医療に関わる病診連携を推進するために、地域の病院医師やスタッフと在宅医との相互研修(同行研修)等を行っています。

在宅療養支援診療所・病院

地域における機能強化型在宅療養支援診療所・病院の連携に関して、調整を行っています。